せどり

【初心者必見!!】Amazonせどり(転売)大口出品・小口出品のそれぞれの特徴、メリット・デメリットと初心者はどちらにするべきなのか?

どうも、マサです!

今回はAmazonアカウントの出品プラン【大口出品】・【小口出品】の特徴と、それぞれのメリット・デメリット、さらに初心者はどちらの出品プランにするべきなのか?を書いた記事となります。

それではいきましょう!!

POINT1 Amazonせどり(転売)をするには、Amazonのアカウントを開設しよう!

まず始めにAmazonでせどり(転売)をするには、Amazonアカウントを開設する必要があります。

そして、アカウントを開設していくなかで【大口出品】と【小口出品】どちらで商売をしていくのか決める必要があります!

POINT2 Amazon大口出品の特徴

では、大口出品の特徴から解説していきます!

大口出品プラン

大口出品プラン
  • 月額登録料 ¥4,900円(固定費)
  • 成約料 無料

月額登録料 ¥4,900円

大口出品をされる場合、毎月¥4,900円の登録料がかかってきます。

この¥4,900円は毎月売上と相殺され、売上が¥4,900円以下の場合はアカウント開設時に登録したクレジットカードに請求されます。

成約料 無料

成約料とは、小口出品の場合、ひとつ商品を販売するたびに100円の手数料がかかってきますが、その手数料がかかりません。

大口出品の決済方法

大口出品の決済方法一覧
  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い
  • 請求書払い

いろいろな決済方法があり豊富ですね!

primeマーク

大口出品と小口出品の大きな違いの1つが上の画像の赤枠で囲っているprimeマークです!

大口出品はprimeマークが付きます!

primeマークがつくと信用度が跳ね上がり商品が売れやすくなります。

ショッピングカートの取得

大口出品の場合、赤枠のカートに入れるというボタンが付きます!

このボタンが付くことで、カート取得しやすくなり商品が売れやすくなるのです!

新規カタログ登録

カタログとは・・・Amazonの商品ページのことです!

商品カタログ

大口出品の場合、自分が販売したい商品カタログがない場合に、商品カタログを作ることができます。

大口出品の特徴は以上となります。

POINT3 Amazon小口出品の特徴

続きまして、小口出品の特徴です。

小口出品プラン

小口出品プラン
  • 月額登録料 無料
  • 成約料 一商品¥100円

月額登録料 無料

大口出品の場合、月額4,900円の登録料が必要でしたが、小口出品の場合、無料となります。

成約料 100円

大口の場合、成約料は無料でしたが、小口の場合は一つの商品を販売するたびに100円の手数料が発生します。

大口出品と真逆のプランになってますね。

小口出品の決済方法

小口出品の決済方法一覧
  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード

大口出品と比べて、少ないです。

POINT4 大口出品のメリット・デメリット

続きまして、大口出品のメリット・デメリットを紹介します。

大口出品のメリット

  • 成約料が無料
  • 決済方法が豊富
  • primeマークが付くので商品が売れやすい
  • カート取得しやすくなるので商品が売れやすい
  • 販売カタログ作成できる

大口出品のデメリット

  • 毎月¥4,900円の登録料がかかる

メリットが圧倒的に多いですね!

POINT5 小口出品のメリット・デメリット

次は小口出品のメリット・デメリットです。

ほとんど大口出品の逆ですが、文章で書いてるほうが頭に入ってきやすいと思いますので、一応まとめておきますね。

小口出品のメリット

  • 月額の登録料が無料

小口出品のデメリット

  • 決済方法が限られている
  • 一商品を販売するごとに100円の成約料がかかるので利益額・利益率が落ちる
  • カート取得がしにくく、primeマークが付かないので新品せどりには向いてない
  • 販売カタログを作成

大口出品の逆なのでデメリットのほうが多いですね・・・

POINT6 初心者の場合はどちらにするべき?

【大口出品】と【小口出品】それぞれの特徴を解説しまして、初心者はどちらにするべきなのか?ということですが・・・

結論【その人のやり方・目標によって変わる!!】です!

例えば、新品せどり(転売)を中心にやっていきたいのであれば、primeマークとカート取得が付いてくる大口出品一択でしょうし、

中古せどり(転売)を中心にたまに仕入れて、たまにAmazonで商売をする程度なら小口出品でいいと思います。

新品・中古どちらを軸にするのか?どのくらいせどり(転売)で稼いでいきたいのか?

まずはここをはっきりさせましょう!

間違っても、専業だから大口出品・副業だから小口出品という考え方は駄目ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んでいただければ、どちらのプランが自分に合っているのか見えてくると思います・・・

ちなみに僕が初心者の頃は、【primeマーク】【カート取得】【幅広い決済方法】が魅力的だったので大口出品でいきました。

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
masakura
副業!スマホ1台×月2回の行動で安定5万~10万円!! 目指せワーク・ライフ・バランス☆